kouzakouza

ビデオカメラ初心者講座   村田保太郎
このページは、2000年3月5日に村岡公民館で行われた
「ビデオカメラ初心者講習会」の
テキストを元に作成したものです。撮影中心で、編集には簡単にしか触れていません。
編集講座は次の機会に詳しくやりたいと思っています。
また、この講座はビデオカメラの操作の講座ではなく、
撮影テクニックの講座です。
カメラ操作は、メーカー、カメラによってボタンスイッチの
位置・形状等が異なっています。
それについては、皆さん各自で取説をよく読んで理解されていることを前提に話を進めます。 
講座へGO!   TOP PAGEへ   


NEXT 24
 
初心者講座(その1)
  
 1.ホールディング

カメラの形状により持ち方は多少ちがい
ますが、ポイントは画面がゆれないように
かまえることです。
それには三脚を使う事をお勧めしますが、
どうしても手持ちで撮影する場合の時の
構え方を説明します。
 
足は、肩幅程度に広げ、多少前後にも
広げると、前後の揺れもひざで吸収
出来ます。腕は、脇を締めカメラを挟み
こむ様に持ちます。
この方法でファインダーを覗けば、
右手、左手、ファインダーと、三点で固定
でき、安定したホールディングができます。
最近のカメラは液晶画面が付いていて、
画面を見ながら撮影できる様になって
いますが、これはお勧めできません。
写った画面は、大揺れに揺れた画面になって
しまうからです。 

2.心がまえ   PAGE TOP

後で見る人の気持ちになって
撮る様にしましょう。

ビデオを見てる人が飽きてきたり、
目が疲れたり、何だろうと、
考え込んでしまわないような
撮り方をしましょう。


固定撮影のことをフィックスと言います。

前に三脚の使用をお勧めしましたが、
三脚がその場にない場合、壁や木、
ベンチや台などを利用して
少しでも安定した画面が撮れる様
工夫して下さい。